Now Loading...

歳をかさねて認知症になっても、
ときには介護が必要になっても、

友人や地域の「つながり」
から切り離されない。

一人ひとりが自分の人生を
「人」として生きる。

そんな当たり前の暮らしを、時間を、

BLGはメンバーと一緒に
つくってきました。

そして……

Now Loading...

about

100BLGは認知症になっても、要介護になっても、
こういう選択肢があるんだという社会を作っていきます。

ロゴに込めた想い identity

「100BLG」という構想 concept

2012年に町田市でスタートしたBLGは、今年で8年目を迎えます。
厚生労働省をはじめとした省庁関係者、国会議員、海外の医療福祉の関係者、全国各地の介護事業所関係者などが訪れ、介護の”常識”を変えるモデルとして注目を集めてきました。多くの方が関心を持ち、何らかの気づきが生まれているのは素晴らしいことだと思っています。

ただ、私たちは、現状に違和感を持っています。
視察や見学をした人の地域に、同じような取り組みがほとんど生まれていないのです。「うちの地域にも、BLGのようなところがあればよいなあ」という声はいっぱいあるのに、「うちの地域は、町田と違うから、前田さんのような人がいないから難しい」と諦めてしまうことが少なくありません。多くの地域では「認知症の人にやさしいまち」が標榜されながらも、実質的な取り組みがほとんどないことも少なくありません。日本全国を見渡すと、認知症の人をとりまく環境は、2012年からなんら変わっていないのです。

日本をとりまく高齢者、認知症をめぐる”常識”をひっくり返したい。
2019年、私たちは100BLG構想をスタートすることにしました。

これまで様々な人がBLGを見学してきたけれど、BLGが各地に生まれることはありませんでした。BLGは、ごく普通に見える雰囲気とはうらはらに、認知症の人本人の「やりたい」を実現するため、あるいは「仲間」をつくるため、地域との「血の通った」つながりをつくるための高度な場作り・関係性づくりの視野と技術を必要とします。そうした視野と技術をしっかり学ぶ場がなかったことが、BLGが他に生まれなかった背景にあります。

100BLG構想は、こうした問題を解決するため、まず最初のステップとして、全国を北海道から九州沖縄までのブロックにわけ、ブロックに一箇所ずつ、BLGの価値を実現する拠点を作ります。そして、次のステップとして、その拠点を学びの場として、各地にBLGを誕生させていきます。

すべての町にとまではいかないかもしれませんが、あなたの町の近くにもBLGがある状態を目指します。そして、100のBLGは、各地域の認知症と共に生きる方々と100のDFC(Dementia Friendly Community:認知症の人にやさしいまち)をつくる基盤となります。私たちは、100のBLGと一緒に、認知症になっても、要介護になっても、こういう選択肢があるんだという社会を作っていきます。

会社概要 company

法人名100BLG株式会社(ヒャクビーエルジー)
本店所在地神奈川県相模原市
資本金300万円
事業内容
  • 介護サービス従事者向け研修
  • 介護事業所等の活動立ち上げ支援
  • 企業や地域における「しごと」の開拓マッチング
  • 全国のBLGのネットワーキング
  • 「社会参加」活動に関する調査研究社会への発信提言
  • 各地のBLGをハブとした、認知症フレンドリー地域づくりの支援
執行体制代表取締役/CEO(最高経営責任者):前田隆行
取締役/CKO(最高知識責任者):河野禎之
取締役/CFO(最高財務責任者):徳田雄人
取締役/CCO(最高コミュニーション責任者):平田知弘
外部協力/大応援団長:猿渡進平
お問合せ先info@100blg.org

今後のスケジュール schedule

2019年10月全国9つのブロックにBLG拠点を整備スタート
2020年4月BLG第1期募集開始(8〜10箇所)
2025年全国で100箇所のBLG稼働(目標)

※2019年度中は、BLGの新規募集はありません。BLG開設の意志がある方や興味関心のある方は、問い合わせフォームより資料をご請求ください。第1期の募集は、2020年4月を予定しております。詳細は、公式のアナウンスをお待ちください。